痛みを理解する 腰痛と膝の痛みの解消、恐れることはないのです

2009年08月22日

スポンサードリンク

痛みを理解する

腰痛で悩んでいる人って多いですね。現代の生活はどうしても腰に負担がかかることが多いですが、普段の腰痛対策で早めに対処をしておくようにしましょう。腰痛の対策をする前に、まずは腰痛の原因を知ることが大切です。腰痛には姿勢の悪さ、激しい運動や労働、老化、内臓の病気、精神的ストレス、事故など様々な原因があります。腰痛の原因は大きく分けると、「背骨に原因があるもの」と「内臓に原因があるもの」になりますが、最近では「腰痛は精神的なストレスが原因である」という説も一般的になっています。老化現象として起こる腰痛は、脊椎の軟骨が擦り減ったり硬くなったりすることにより、関節同士がうまくかみ合わなくなると痛み発生します。特に朝起きたときや疲労してくると痛みが増します。内臓の病気が原因で腰痛が起きるケースで、良く聞くのは腎臓の機能低下です。これは、腎臓と腰からつながる神経が同じルートを共有しているために勘違いする関連痛です。女性の生理に伴う腰痛には様々な要因がからんでいますが、特に原因が子宮にある場合、早めに治療をしないと不妊症になってしまうおそれもありますので、1つでも症状があったらきちんとケアをすることが大切です。特に腰痛に何が悪いかと言ったら、長時間座ってパソコンを操作しているのはかなり腰に負担がかかります。腰が曲がったり、目を画面に近づけるようにしていると頭が前に出るのでバランスが悪くなったり、腰に負担をかけてしまうのです。それから、寝るときの姿勢もチェックが必要です。あなたはうつ伏せで寝ていたり、柔らかいベッドを使ったりしていませんか?どちらも背骨が反り過ぎるので、腰に大変負担をかけてしまいます。腰痛対策で忘れてはいけないのが、重い物の持ち上げ方です。一番腰に悪いのは、脚を伸ばしたままで腰だけで持ち上げることです。かならずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。また、肥満は万病のもとと言われますが腰痛にも良くありません。椎間板変性症は、肥満気味の人に多いのですが腰には上半身の重みがかかるので当然ともいえます。腰痛対策として、ストレッチは大切な習慣です。ただし、ひねるストレッチは急激にやるとかえって体を痛めることがあるので、ゆっくり行なうことが基本です。腹式呼吸を行なうのも有効ですね。ストレスが続くと自律神経が乱れることから腰痛の原因になることがあります。精神的に緊張をすると筋肉も酸欠状態になるので、日ごろの運動や入浴でストレスの解消をこころがけましょう。


当院の施術者紹介。守富さんです。|自宅で骨盤ゆがみ矯正腰痛ストレッチ
骨盤矯正ストレッチの藤田の自宅で骨盤ゆがみ矯正★腰痛ストレッチの記事、当院の施術者紹介。守富さんです。です。...


PS3とかダイハツ・ココアとか腰痛とか・・・ - 虎猫飯店 ...
PS3とかダイハツ・ココアとか腰痛とか・・・」について-虎猫飯店のブログです。Poweredbyみんカラ....


腰痛で動けず:うつ病と闘病中の薬剤師:So-net blog
うつ病を発症し5年目に突入。苦しみ悩みながら社会復帰を果たし現在奮闘中。経験を生かして色々なアドバイスが出来ればと考えています。...


posted by 腰痛に悩むなら at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。