あなたにもできる、腰痛予防策 腰痛と膝の痛みの解消、恐れることはないのです

2009年08月18日

スポンサードリンク

あなたにもできる、腰痛予防策

腰痛、いやなものです。腰痛がひどくなると、毎朝起き上がることもつらくなります。早めに正しい腰痛対策をして、腰痛で悩まないようにしたいものです。腰痛の対策をするにも、原因が何かを知らなくてはいけません。腰痛の原因は、生活習慣や生別 、年齢職業などが複雑に関係していますが、自己判断をせずに医師に判断をしてもらうのがお勧めです。腰痛の原因のうち、背骨や筋に原因があるものは、運動に伴って起こるものが多く、内臓疾患が原因の場合も、急性の激しい痛みがある場合があります。背骨に原因がある腰痛の中でも、中年以上に起こりやすいのは変形性脊椎症といって、脊椎の軟骨がすりへったり硬くなったりすると関節同士がうまく合わなくなって痛みを生じます。痛みの箇所がはっきりしない腰痛の場合は、内臓の疾患が原因の場合があります。症状が続く場合には、専門医で診断治療を受けることが一番です。女性の場合、生理から来る腰痛もありますが、下腹部の不快感や下腹部痛が治療を必要とするほど強い場合、月経困難症と呼ばれます。思春期の少女に多く見られ、加齢とともに症状が改善されます。1日の内でイスに座っている時間が長い人は注意が必要です。あまり柔らかいクッションのイスは腰が沈んで負担がかかるので避けてください。また、20〜30分ごとに立ち上がって腰を動かす運動をする様に心がけます。そして腰痛対策としては1日の内の3分の1を占める寝ている時間を考えないわけにはいきません。寝るときの姿勢は横向きでやや前かがみになるのが一般的には良いと言われています。さらに腰痛予防としては、無造作に物を持ち上げるのは危険です。特に立ったままで腰を曲げて荷物を持ち上げるのが一番ぎっくり腰になりやすいので、必ずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。実は、太り気味の人はそれだけで腰痛になりやすいのです。普段から重い荷物を持っているのと同じで腰に負担がかかりますし、運動不足で背骨を支える筋力も低下してしまいます。入浴中にストレッチを行なうのも腰痛対策として良いでしょう。とくに38〜40℃くらいのぬるめのお湯には副交感神経に働きかけて心身ともにリラックスさせる効果があります。ストレスが原因の腰痛は、自律神経の乱れにより、交感神経と副交感神経のバランスがくずれることから起こります。日ごろの生活習慣を見直したり、運動をこころがけ、あまり症状がひどい場合にはカウンセリングを受けたりすることも検討してみましょう。


なんかいいことないかな ああ腰痛の日々
ああ腰痛の日々ああ、腰が痛い。ここ1週間ほど、原因不明の腰痛に悩まされています。ずっと同じ姿勢とってたりするともう駄目。こうやってパソコンに向かっている間はいいんですが、終わって立ち上がろうとするとズキっとくる。......


患者が選んだナンバーワンドクターに学ぶ「腰痛の予防・改善術 ...
患者が選んだナンバーワンドクターに学ぶ「腰痛の予防・改善術」...


posted by 腰痛に悩むなら at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。