上手に腰痛と付き合うには? 腰痛と膝の痛みの解消、恐れることはないのです

2009年08月10日

スポンサードリンク

上手に腰痛と付き合うには?

日ごろの腰痛対策、意識していますか?現代の生活は腰にとても負担がかかるようになっています。早めの腰痛対策でつらい腰痛で悩まないようにしましょう。腰痛の対策をする前に、まずは腰痛の原因を知ることが大切です。腰痛には姿勢の悪さ、激しい運動や労働、老化、内臓の病気、精神的ストレス、事故など様々な原因があります。腰痛の原因は大きく分けると、「背骨に原因があるもの」と「内臓に原因があるもの」になりますが、最近では「腰痛は精神的なストレスが原因である」という説も一般的になっています。腰痛の中でも、脊椎分離症と呼ばれるものは、長時間同じ姿勢で立っていると痛みがますもので、特に若い世代の激しいスポーツをする人や、運動好きの子供に多く見られます。 胃・十二指腸潰瘍、腎結石、子宮筋腫そして癌の骨転移やストレスなどが原因で腰痛が起こることもありますが、内蔵が原因の腰痛で一番多いのは腎臓の機能低下によるものです。特に女性は男性に比べると精神的に不安定になりやすいため、それが腰痛の原因になる場合もあります。生理や妊娠、出産、閉経などによりホルモンバランスが崩れることも大きく関係しているのです。特に腰痛に何が悪いかと言ったら、長時間座ってパソコンを操作しているのはかなり腰に負担がかかります。腰が曲がったり、目を画面に近づけるようにしていると頭が前に出るのでバランスが悪くなったり、腰に負担をかけてしまうのです。腰痛対策として考えると、うつぶせの姿勢で寝ることもよくありません。寝るときはリラックスできる姿勢が基本ですが、うつぶせのままでは腰に負担がかかり過ぎてしまいます。やはり、腰を悪くするのが一番多い瞬間は重いものを持ち上げるときです。必ず一度しゃがんで荷物を持ち、脚の力で立ち上がるようにします。荷物は体に密着させて運びましょう。また、肥満は万病のもとと言われますが腰痛にも良くありません。椎間板変性症は、肥満気味の人に多いのですが腰には上半身の重みがかかるので当然ともいえます。ストレッチをする時には、呼吸にも気を配りましょう。体を前に倒す時は息を吐く、逆に後ろに反るときは吸うのが基本です。腰痛対策としてストレッチは非常に有効ですから、ぜひ日ごろの習慣にしてください。腰痛で悩んでいるのに、検査をしても原因が分からないという場合には、ストレスが原因になっているかもしれません。自律神経が乱れることから慢性的な腰痛になるとも言われていますから、症状がひどいときはカウンセリングを受けることも考えましょう。


腰痛予防。 - リガーレ・カイロプラクティック横浜のブログ
こんにちは。小幡です。私事なのですが、今週末に引越しすることにしました。......


腰痛とギックリ腰 腰痛・関節痛119番
姿勢をよくして毎日体操を行うのが、腰痛症の予防にはいちばんたいせつです。体操は筋肉のこりをほぐして血液の循環をよくすると共に、筋肉を強化し、再発防止に効果があります。筋肉の痛みは、入浴などで患部をあたためたり、マッサージや指圧などをして......


レーザービーム?|酒と抜け毛と時々腰痛
水野光の酒と抜け毛と時々腰痛♪の記事、レーザービーム?です。...


posted by 腰痛に悩むなら at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。