実は腰痛も関節痛? 腰痛と膝の痛みの解消、恐れることはないのです

2009年08月06日

スポンサードリンク

実は腰痛も関節痛?

腰痛対策で色々取り組んでいる人は多いと思いますが、まちがった腰痛対策ではかえって悪くしてしまいますので、きちんとした知識を身に付けましょう。腰痛の対策は、原因によって変わります。姿勢の悪さや、激しい運動によるもの、老化によるものなど様々な原因がありますが、自己判断をせずに医師に見てもらうのがよいでしょう。腰痛の原因というと、最近では精神的なストレスも原因になるということがわかっています。もちろん、一般的な原因としては背骨にある場合が多く、内臓に異常がある場合もあります。老化現象として起こる腰痛は、脊椎の軟骨が擦り減ったり硬くなったりすることにより、関節同士がうまくかみ合わなくなると痛み発生します。特に朝起きたときや疲労してくると痛みが増します。内臓の病気から来る腰痛の場合、中には深刻な疾患があることもあるので、早めに専門医で診断・治療をしてもらう必要があります。特に痛みの箇所がはっきりしないことがあるので、注意が必要です。思春期の女性に多く見られる症状で月経困難症というのがあります。生理の際に、腰痛・下腹部の不快感・下腹部痛が治療を必要なほど強い症状ですが、通常は加齢と共に症状は改善されていきます。人間が同じ姿勢を保つ筋肉というのは、30分しか持たないそうです。それ以上になると、体を痛めてしまいます。長い時間イスに座っての仕事も最初は姿勢を正していても、徐々に腰が曲がったり頭が前に倒れて腰に負担がかかったりするようになります。腰痛対策として考えると、うつぶせの姿勢で寝ることもよくありません。寝るときはリラックスできる姿勢が基本ですが、うつぶせのままでは腰に負担がかかり過ぎてしまいます。ぎっくり腰対策としては、荷物を持ち上げるときの姿勢に気をつけます。必ずしゃがんで荷物を持ち上げるようにしましょう。重いと思った荷物が予想外に軽かった時もぎっくり腰になることがあるので、重さを確認してから持ち上げるようにします。また、肥満の場合はいつも重い荷物を背負っているのと同じですから、背骨が曲がったり運動不足による筋力低下で腰への負担が大きくなったりしますから、腰痛対策としてもダイエットは大切といえます。ストレッチをする時には、呼吸にも気を配りましょう。体を前に倒す時は息を吐く、逆に後ろに反るときは吸うのが基本です。腰痛対策としてストレッチは非常に有効ですから、ぜひ日ごろの習慣にしてください。心因性のストレスが原因の腰痛の場合、ヨガや腹式呼吸を取り入れてみてはいかがでしょう?自律神経の乱れを改善し、腹腔内圧を高めるので背骨とともに体を支える力になります。


シンクロと腰痛 - 整体 木村均整院のブログ
杉並区西荻窪で開業して10年目の整体院の院長が日々の施術で感じたこと、健康情報、ひとりごと、他....


襲われた・・・腰痛 - 桜の和(なごみ)美 - Yahoo!ブログ
夫が病と闘った9月。それから、12月、再び病に倒れ、現在闘病中です。夫の回復を祈り、再び一緒に歩む日まで、孤軍奮闘しております。皆様の応援コメ、助言コメ一つ一つを、力にして生き抜こうと思います。ファン登録をされた方、一言....


posted by 腰痛に悩むなら at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。